プロフィール

1979年生まれ
大学卒業後、オーストラリアに1年留学、
その後シンガポールで4年勤務
帰国後も外資系IT企業にて会計税務の仕事に従事
2015年より心理カウンセラーの活動を開始
厚労省自殺防止対策事業の心理相談に従事
お受けした相談4,000時間以上
現在はカウンセリングサロンCocon-Colorを運営

 学生の頃から英語が好きだったため、20代の5年間は海外で過ごしました。
帰国後の東京生活で、職場の人間関係をキッカケに鬱になり、出口の見えないトンネルに何年もいました。どこかに相談すればよかったのですが、ある日ネットで前世療法を目にするまでは、気軽に相談できる場所の存在を知りませんでした。

そこからは、ヒプノセラピー・ヒーリング・コーチングなどいろいろ試し、ようやく辿り着いたのが心理学です。

数ある心理療法の中で、病態次元の知識のある専門家に出会えたことで生きづらさから抜けていくことができました。誰の心にも健康な部分、脆弱な部分があり、人の心に普通はありませんが、病態次元の知識とは、例えば、一言に”不安”といってもどの次元の不安かによって、全く介入が異なるため、不安について語られているとき、どこの次元のことを言っているかの見立てを立てれることです。つまり、お悩みの種類によって、相性がいい心理療法は異なることを意味しています。

カウンセリングの中で、自分の悩みにあった介入をしてもらったことに加え、自身のコンステレーション(人生のパタン)を紐解いてもらい、受け止めてもらったことも、本質的な生きやすさにつながっていくことになりました。

 そんな心理カウンセリングの魅力の一つは、主体性を確立できる(自分の色・彩を知る)ことだと私は思っています。

”みんな同じ”が良しとされる時代が随分と続きましたが、それは個人の主体性を奪われるもので、自分がわからなくなり、自分がわからない・主体がないことから、ついつい相手と自分を比較して辛い気持ちになるという生きづらさをもたらしかねないものだと心理学的には考えられます。

こうしたお悩みがあっても、戦後はまずは現実を作ること、経済を発展させていくことが優先され、心のことをに取り組む余裕のない・カウンセリングなど受ける余裕のない時間が随分続きました。ですが毎日が安全でこんなに物が溢れる時代になった今、現代の人の生きづらさは、心のテーマにあると思います。物があるのに幸せじゃない・現実で成功しても幸せを感じない、人に迷惑をかけまいと人に頼らず生きることに疲れて楽しくない、というようなこうした心のテーマに取り組む時代に入っていると思います。

どの時代を生きるかで、どんなことに生きづらさを感じるかは異なりますが、今はなんといっても「自己愛」の時代です。自己愛とは誇大でも卑下でもなく健康的に自分を好きかです。健康的に自分を好きなことと、自分の色・彩を見つけていくことと、そして心が不安に覆われなくなるのは相似形で、そこに生きやすさや長期的な幸せがあります。

その道のりをご一緒しましょう。
お待ちしています。

諏訪田佳代

PAGE TOP
PAGE TOP