カウンセリング

「誰にも頼れなくて孤独で生きているのがしんどい」が変わる物語

こんにちは、心理カウンセラー諏訪田(すわだ)佳代です。

こんな生きづらさがあったとしましょう。

「ホントは誰かに頼りたい。
会社の同僚や後輩は、
何か仕事でトラブルがあれば、
上司や先輩にうまく甘えたり、
家族や彼氏に相談して
サポートしてもらっている。

だけど、私には相談する人が誰もいない。
どうして私には誰も
相談する人がいないだろう。

何か起きても、
結局なんとか自分でこなしているから、
あの子は大丈夫と
周りに思われているのだろうか。

だけど、私だって
ホントは誰かに助けてほしい。
ホントは誰かに味方になってほしい。

こうした生きづらさは、
頭での助けてほしいという
想いはあるけども、
心の奥での迷惑をかけたら
受け入れてもらえないかもしれない
という2つの想いもあり、
人に頼ることが
簡単ではないこともあります。

そうした「迷惑をかけたら
受け入れてもらえない」のように、
心の奥で信じていることを
心理学では
信念ともいいます。

そして、この信念を通して私たちは
いつも世界を体験します。

この信念は
一人で作られたものではなく
幼少期の環境や
養育者などの重要な他者や
学校での人との関係の中で、
できていくものですが、

カウンセリングの中で
自分がどんな信念を
持っているかに気づいたり
カウンセラーとの間で
やり取りをしていく中で、
迷惑をかけても
仕事ができなくっても
自分は受け入れられると
感じることに
つながったりします。

より分かりやすく、
今度はもっと具体的な
フィクションの物語で
見ていきましょう。

誰にも頼れない物語

30歳のシンディーは、
仕事で何か大変なことが起きても
誰かに頼ることなく
それを引き受け、
毎日タスクをこなしています。

周りに助けてもらわず
仕事をこなすのは
時には大変だけど
人に助けをお願いするのは
どうやるのか分かりません。

それに、なんだか
助けてもらうって
弱さを見せるみたいで、

弱いと思われなくない、
できる人だと思わたい、
できない人と思われるのは屈辱的で
できない人になっちゃったら、
自分の存在意義が
分からなくなるかも…

だから、今まで誰にも頼らず
生きてきた。
だけど、私には相談できる人や
頼る人がいないんだなと
痛感するたび、
どうして私には
頼れる人がいないんだ…と、
泣き叫びたい気持ちが
湧き上がってきて、

シンディーは
心理カウンセリングを
受けることにしました。

生きている意味が分からない時のカウンセリング

シンディーは、
カウンセリングの中で
会社でのこと、
頼れる人がいないこと、
生きている意味が
分からなくなったこと、
などを涙ながらに語ります。

今までたまってた思いを
吐き出し、受け止めてもらって
少し落ち着きまます。

そして、
これからどうしたいのかを
カウンセラーと話し合い、

本当は、
自分も誰かに頼ったり
甘えれるようになりたい
という目標を
カウンセラーと打ち立てました。

カウンセリングを
継続していく中で、
カウンセラーに対し、
シンディーは、
「どうやらこの人には、
他では言えないことを言っても、
大丈夫かもしれない」と感じ、
2人の間に信頼関係が
少しずつ築かれます。

そして、ある日の
カウンセリングでの出来事です。

その日、シンディーは
幼少期の家族の出来事を
情緒なく、淡々と語りました。

父親がワーカホリックで
あまり家に帰って来ることはなく、
その頃から、母親は
アルコールに溺れるようになり、
母親をサポートしなくてはと
子供ながらに大変だったと。

初めて家族のことについて語られ、
その日のカウンセリングは終了しました。

シンディーは、
いつも、カウンセリングの後に
時計を見るようなことはありませんが、
その日はカウンセリングルームを出てから、
フッと時計に目をやると
終了時間より5分早く
終わっていることに気づきます。

そして、帰りながら
思いが巡ってくるのです。
私が恥ずかしい家族の話をしたから…
だから…
カウンセリングの時間を
早めに切り上げられたんだ…
やっぱりこの人にも、結局
重い話しは
受け入れてもらえないのか…

シンディーは、そんなふうに感じて
傷つきと、不安、怒りのような感情が
複雑に絡み合い、
次回のカウンセリングにて
開口一番、こう言います。
「この間話した家族の話は
気にしないでください。
忘れてください。」

それを聞いて、
カウンセラーは、
一呼吸おいて、
「今言ってくれたシンディーさんの言葉に、
大切な気持ちが
含まれているように感じます。
よかったら今日、このことについて
お話しませんか。」
と言いました。

シンディーは言いにくいと思いながらも
なんとか伝えてみます。
「この間は、私が家族のこと…
恥ずかしい、重い話しをしたから……
先生は私のカウンセリングを………
早く切り上げたんだ…
と思いました…」

カウンセラーは、
「重い話をしたから、
私があなたを受け入れなかった
ように感じたのでしょうか?」

シンディーは、
「はい、そう感じました。」と答えます。

続いて、カウンセラーは
「そういう風に受け取られるとは
思ってもいませんでした。
話がちょうど切りのいいところで終わって、
次回の予約を決めるという
いつもの流れで。
なにより、
シンディーさんの幼少期の
家族の話を聞けたことは、
あなたが、これから良い方向に
向かっていくきっかけとなる
とても有益な回になったと
私は感じていました。」

シンディー:
「そうとは思いませんでした。
受け入れてもらえないと感じました。」

カウンセラー:
「そう受け取られても
仕方なかったと思います。
あなたは受け入れてもらえないと
感じたということでしたが、
そうした扱いを受けることを
とても警戒しているようですね。
以前、家族のことで
受け入れられなったというような
経験があるのでしょうか?」

この発言を引き金に、
連想が溢れ出しました。

小学校の頃、
昼間から酔った母親が
学校に向かえにきて、
友達や、友達のママから
白い目で見られたこと。
母親のお酒の問題を
誰か何とかして欲しかったけど
誰も何も助けてくれなくって
ずっと一人ぼっちだったこと
などが語られました。

そうした体験から、
自分は周りより劣っていて、
家族のこと、重いこと、
困っていて本当に助けてほしいことは
誰も受け入れてくれず、
助けてくれないという信念
持っていることが
明らかになっていきました。

信念を通して、日々の出来事を体験する。

今までの体験から、
出来上がった信念を人は持っており、

人は、日々の出来事を
自分の内なる思いである信念を
通して、世界を体験するものです。

そのため、起きた出来事は同じでも
どんな信念を
持っているかによって
捉え方はそれぞれです。

それは良い悪いではなく、
そうしたことがあるということ。

人の心の在りようは、
幼少期の育った環境(土壌)や
学校で恥ずかしい思いをした
傷つきなどと
大きく関わってはいますが、

人との関係や環境(土壌)に
傷つきがあったからといって
これからの人生もこのまま
変わらないわけではありません。

フィクションの物語の
シンディーのようなやり取りは
信念が変わっていく体験につながり、

カウンセリングという新しい土壌で、
それは、肥沃な土地では農作物が
スクスク育つように、
過去の傷つきがマイナスではない、
自分の大切な心の肥料として、
心が健康的に成長していきます。

そうしたことが、
生きづらさから抜けたり、
自分の色を知ったりすることに
つながってる
本質的なことです。

ご参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

無料オンライン講座

【無料オンライン講座】
メールアドレスを登録して、
『人の顔色を伺ったり、
相手にどう思われるのか気になる
本当の理由と、
数ある心理療法の中で
このお悩みに向いている心理療法が
どれかを知れる』
15分の無料動画を受け取る⇓

購読後、メルマガ解除を希望される場合は
メール末尾のURLから簡単にできます。
フォームにご入力いただいた個人情報は、
暗号化通信されますのでご安心ください。

関連記事

  1. 周りに気を使い、自信がなくて、私なんかと遠慮してしまう30代女性…
  2. 将来への漠然とした不安。お金は絶対的な安心をくれる?
  3. 気分の上下(上がり下がり)が激しく落ち込むと何もできない理由。
  4. 人に興味をもてなくて恋愛しても続かず一緒にいても楽しくないと言わ…
  5. 心を強くすると、お金、結婚や人間関係がどんなふうに変わるのか。
  6. 周りは結婚ラッシュ。男性が苦手でなかなか好きになれない。
  7. 輝く理想の自分になりたいのに無気力で動けないとこから抜け出す方法…
  8. 他人にどう思われているか人目が気になり自信がない

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP