家族

親に嘘をついたり、娘がご飯を食べず摂食にまつわる不安がある

こんにちは、心理カウンセラー諏訪田(すわだ)佳代です。

食をうまくコントロールして
理想の体型を維持できれば
絶対的な自信や安心、
他者とは違う万能感を
手に入れられるように感じ、
ご飯を食べない、

もしくは
たくさん食べては吐くを繰り返し、
誰かに助けてほしいという
思いもあるけど、言ったら
親に迷惑をかけるじゃないかと感じ
必死に一人で
なんとかしようとしている。
そんな女の子は多いかもしれません。

すでにご本人やご家族は
感じてらっしゃることと思いますが、
問題の本質は、
”食にまつわること”ではなく、
”行動の問題”です。

母親との分離不安や
成長に伴う悲しみ、葛藤などを
心に抱えているのは
あまりに痛く辛いため、
それを抱えるかわりに
食べる・吐くという行動によって
発散・排泄し、
その苦痛をないことにし
爽快や万能感を手にしています。

一次的に食との付き合いが
よくなったように見えたとしても
問題の本質である
不安や痛みを心に抱える
丈夫な心が作るということが
周りのサポートや
カウンセリングなどを通して
なされないままであれば、
内面はまったく空虚のまま
生きづらい人生が続くことになります。

この記事は、
娘さんの食にまつわるお悩みを
お持ちのお母さんに向けた記事です。

えらそうに聞こえる部分も
あるかもしれませんが、
娘さんの人生のために、
本当のことを書きますので
少々お付き合いくださいね。

家族に安心の枠が不在

お子さんに
何か問題がある時、
家族療法という家族全体を
一つのシステムと見る見方では、
両親間、あるいは家族全体、
あるいは家系に走る負のパタンの病を
仮にお子さんが
担っていると見ます。

仮の担い手として
こどもに問題が出るのですが、
丁寧に見ていくと、
ご家族の、より本質的な悩みが
見えてくることも多いです。

例えば、旦那さんも奥さんも
実は安心を求めているのに
パートナーがそれを
与えてくれないを感じているなど、
ご夫婦の間に
葛藤や緊張がある場合、
知らず知らずのうちに
2人の間に、お子さんをおいて
ご夫婦間の葛藤が
回避されていることもあります。

もしくは、
先祖代々、同じような問題が起きて
親である自分たちも
助けてほしいよと思っている
などということは
少なくありません。

お子さんは、
自分が食の問題を持っていることで
自分が悪いと感じ、
経済的にも親に迷惑を
かけたくないなどの理由から、
一人でなんとかしなきゃと
思いがちですが、

お子さんのお悩みを通して
お子さんだけでなく、
ご家族含めてカウンセリングなどを
受けることで、
ご夫婦の仲がよくなったり、
ご家族に安心の枠が作られたり、
ご家族全体にとって有益なことです。

食と万引き – その正体とは

さて、先ほど
家族の問題の担い手として
お子さんに食にまつわる
問題が出ているという、
家族の関係、つまり
横のつながり・横の次元から
お伝えしましたが、
今度は、この問題を
縦の次元から見ていきましょう。

心理学ではよく
意識と無意識の話が出てくるのは
よく知られていると思います。
(無意識は意識の下にあるので
無意識も加味することが、
縦の次元から見ていくということです。)

今日はユングが無意識の神と言った
メリクリウスが
食にまつわる問題と
食の問題から盗みの行動につながる
理由をお伝えします。

普段、無意識の存在を感じる
ことがないため、
無意識への信頼は薄いのが自然ですが、
それは確かに存在し
私たちの心や生活に
大きく影響を及ぼすものですので、
食と盗みの理解を深めるため
無意識について見ていきましょう。

メリクリウスといのは両価性で、
良い面が出ると
創造の源であり、
商売の神様であったりもしますが、
悪い面が出ると、
他の神々をだましたり、
盗人であると言われています。

食との付き合いがよくなるには
このメリクリウスのペテンや
トリックスターのだましから
目覚めることが大切です。
そこから目覚めるという
縦の次元の作業をする時、
家族との横の関係の丈夫さが
とても助けになります。

食との付き合い方に問題を
感じている当人は多くの場合、
痩せを維持したい自分と
本当は食べ物のことから解放されて、
健康でいたい自分の
2つの自分
を感じています。

食から解放されたい自分もいるのですが、
メリクリウスのそのペテンさは
とても力の強いものであり、
それは、いつもささやきます。
「お前やせていなけえばいけない。
痩せていれば、万能で
みんなからも羨ましがられる。
太ったら無能だと。」

本人は痩せでいたいと
自分で理想を描いたと
思うものですが、
メリクリウスの言葉に
のみこまれ、不自由になっている
という状況です。

ある程度の期間、
食にまつわる悩みを経験しているなら、
痩せでいなきゃという言葉に
「とりつかれている」という感覚は
ご本人も感じていることと思います。

そして飢餓状態の時に、
メリクリウスの一面である
盗みの行動が出ることは
少なくありません。
あまりの飢餓状態から
食べ物を貪りたいという欲望に
のまれた変性意識状態となり、
お金を持っているか否かに関係なく、
盗みの行動が出ます。

家族という横の存在と
メリクリウスのという縦の存在と
両方が扱われることが、
食の行動が改善されるだけでなく
心を丈夫にするという
本質的解決に導いてくれます。

無意識というのは理屈で考えても
紐解けません。
食と万引きの関係を理屈で考えても
紐解けないと同じです。
こうした理屈で紐解けない問題の時ほど、
無意識を加味してやると
見えてくるものがあります。

ここでは、食と万引きの正体を
お伝えするため、
メリクリウスについて記述していますが、
実際のカウンセリングの場では
カウンセラーが、そのことを踏まえ、
お話を聞くだけで、
何か特別に無意識を扱おうと
するようなものではなく、
相談者の方はお悩みを話すという
スタイルです。

心の発達を再び促す

食との付き合いがうまくいかない
状態にいる時、
一次的に心の発達が停止していますが、
心の発達は、実年齢に関係なく
いくつになっても、
また成長していくことができます。

食の問題は、思春期という
第二次時成長期によく起こるものですが、
この頃は、身体の変化だけでなく
小さな子として母とつながれなくなったり
小学校の時には感じたみんなとの一体感が
なくなったりと分離や喪失が
起きる時期です。
その分離や喪失からくる痛みが
家族全体や、個人の心に
安心の枠が培われていくことで
青虫がさなぎになって蝶になるよう
人も変容していくことができます。

お一人で悩まず、助けを求めてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

無料オンライン講座

【無料オンライン講座】
メールアドレスを登録して、
『人の顔色を伺ったり、
相手にどう思われるのか気になる
本当の理由と、
数ある心理療法の中で
このお悩みに向いている心理療法が
どれかを知れる』
15分の無料動画を受け取る⇓

購読後、メルマガ解除を希望される場合は
メール末尾のURLから簡単にできます。
フォームにご入力いただいた個人情報は、
暗号化通信されますのでご安心ください。

関連記事

  1. 相手に譲ってばかりで、自分が分からなくなり心が空っぽの時のカウン…
  2. 結婚やお金をえても幸せじゃない、長期的に幸せとはなにか。
  3. 重い女と思われたくなくて、甘えたいけど甘えられない30代独身女性…
  4. 過去のトラウマを克服するためにトラウマ体験を話さないといけないわ…
  5. 周りの目が気になり、どう思われてるのか不安な気持ちが落ち着くカウ…
  6. 相手の期待に応えないと価値がないと感じもう疲れて生きる意味を見い…
  7. 優柔不断で自分の意見がわからないこと育ちの関係。
  8. 不安で何も手につかない時は多くは投影が起きています。

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP