恋愛

恋愛至上主義は、恋がうまくいかない理由

こんにちは、心理カウンセラー諏訪田(すわだ)佳代です。

お付き合いを始めたら
その男性の好みに全部合わせて
洋服や髪型を変えたり、
今までの自分が好きだったものでも
それを相手が好きでなければ
バッサリ捨てるなど
完全に相手に合わせ、
恋愛至上主義で
好きな人ありきに生きる、

こういった恋愛スタイルは
実は心理学の観点から言うと
長期的に相手と良い関係を
築きにくいと言われています。

どうしてでしょうか?

それは、彼も彼女も
恋愛関係において
お互いに「自分が不在」、
自分が置いてきぼりに
なりがちだからです。

それを聞いて、
「え、でも彼は
私にこうして欲しいや、
仕事を辞めて俺についてきて欲しい
というような意見があって
自分がある人だと思う。」

と思われるかもしれません。
ですが、自分があり
主体性が確立されていると、
人は相手を自分の色に
染めようとしないものです。

相手と自分が心理的に
地続きではなく、
「違う」ということが、
頭ではなく、
心で分かっているため
お互いの色が
違っているのが自然で、
違いを楽しみます。

※主体性の確立とは
自我の丈夫さや
健康的な自信を持っている、
つまり、誇大でも卑下でなく
等身大の自分が好きなこで、
それと経済力や社会的地位とは
関係ありません。

恋愛至上主義の方には
純粋な方が多く
不特定多数にモテるのではなく、
一人の人と永遠の愛を
誓いあいたいと思っている方も
多いと思います。

どうしたら、恋愛がうまく
長続きするようになるのでしょう。

恋愛相手に合わせてしまう理由

理由の一つには、幼少期の体験が
あるかもしれません。

例えば
幼少期の母子関係があげられます。
子供が成長とともに
母のもとを離れることに、
母親が、母子分離の不安から、
子供の活性化をあまり
応援しなかったり、
過干渉や過保護だったりすると、
子供は活性化することに罪悪感を感じ、
子供の頃は母親の目を
大人になってからは
世間の目を気にして
自分がどうしたいのか
分からなくなったりします。

もしくは、自己表現した時に、
「そんなことするんじゃないの」
とみんなの前で言われ
自分が辱めを受けるような体験も、
自分が欲しいものではなく、
世間が良しとするものを
求めるようになることにつながり、
本当の自分がどこか分からなく
なったりします。

(ここでは、簡単な例として
幼少期の出来事をあげましたが、
深層はもちろんもっと複雑です。)

飲み会で主役になり、家では暗い

次に、そうした心の在りようが、
どのような言動につながるか
幾つか見ていきましょう。

お化粧やお洋服で
見た目をキレイにして
男女の仲間との
飲み会などに行った時は、
どこか自分が主役というか
周りが自分に光を
向けてくれるように
無意識に振舞っていたり、
なんだかんだ会話を仕切ったり、

もしくは、すごいと感じている人に
ツッコみをしたり、世話をやいたりして、
すごい人に関われる私として
主役を感じるような役割を
取っているかもしれません。

その飲み会が、
自分の舞台のように
光を浴びる場所で、

ひとたび、みんなと別れて
家で一人でいる日は
飲み会の時とは対照的に
気分はズドンと落ちている
というような
気持ちのアップダウンが
あるかもしれません。

社会の顔では、
恋愛相手が表舞台に立ち、
理想通り輝く人でいて欲しい。
そして、仲間内との飲み会などの
裏の舞台では、
無意識のうちに、
そこが自分の舞台かのように
光を浴びることを
求めているかもしれません。

どこか自分を置いてきぼりで
深層で自分のことを
認めていなかったりすると、
成功者であるパートナーの光を
傍で浴びたりすることや、
自分自身への他者からの承認の場を
心は空気を欲するように求めます。

重い女をやめたい

自分のことはいつも後回しで
人の夢を叶えることや
彼のことを優先し
相手のことを全力で
応援することはできるけど、
自分のこととなると
ギリギリまでできなくって
締め切りが設けられると
強制的に動くということは
ないでしょうか。

ギリギリであれば
自分のことをやるのも
許されている感じがあったり、
もしくはギリギリ何かを
やったり、物事をなんとか
ねじ伏せるような時に、
生きている感覚が
あるかもしれません。

コインの表と裏である二人は、
彼の方は、「自分くらい才能があって
能力がある人はいない。
だって、天才だから」と思っていて、
対して、彼女は、「私くらい
無能で能力のいない人間はいない」と
内心思っていたりします。

その「私って無能」という思いは
「俺って天才」と同じくらい
実はパワーを持っていて、
無意識の力で、周りを
自分の思い通りに
動かすくらいの力があります。

望んでいることを
口にはできないけど、
無意識のうちに
なんとか自分の望み通りに
働きかける無意識の力があり、
それを相手が重いと
感じたりすることがあります。

もしくは
2人の関係への期待や
もっと自身を肯定できることを
相手に求めることから
重いにつながることも
あるのかもしれません。

自分でもどこか重いかなと
思うところがあり、
相手にそう聞いてみると、
そう聞かれたことを
相手が重いと感じ
関係が煮詰まったりしかねません。

こうした恋の場合、
とても純粋な心をお持ちの
お二人であることが多いです。

どうしたら恋愛がうまくいくの?

自分を好きですか?
好きじゃなかったとしたら、
どうやったら、自分のことを
好きになれるのでしょうか。

それは…人との関係の中でのみ
起きる癒しと言われています。
そもそもこうしたお悩みの
ほとんどは、もともと
人との関係の中での傷つきが
関係しているのがほとんとです。

何十年の前からの
自分の根っこに変わらずある
コンプレックスや
自己無価値観の回復は、
人との関係無しには難しく
腹立たしいかもしれませんが、
自己完結ができないものです。

恋愛関係で癒えることも
たくさんありますので、
二人の関係が
うまくいっっているなら
良いことですし、もし
恋愛関係がどうにもこうにも
うまくいかないと感じてきたら
心理カウンセラーを
利用されてみるといいと思います。

海外では、海外ドラマでもよく
出てくる通り、
心理カウンセリングを受けることは
もっと一般的なことです。
日本では占いが普通のように。

こうしたお悩みは、
数ある心理療法の中でも
二人心理学がお勧めです。

二人心理学とは、
カウンセラーは中立で
分析する立場で、
問題があるのは相談者だという
従来の、一方向的な
一人心理学の考え方ではなく、
その場にあるものを
例えば、恥ずかしい思いは、
自分事でもあったというような痛みを
カウンセラーが感じたりしながら、
互いにから出た思いが、
カウンセリングの場を動かし、
相談者の方の癒しに
つながるようなイメージです。

そうした体験から
自分を取り戻したり
主体性ができたり、
根強くあったコンプレックスに
動きがあったり、
好きな人と良好な関係を
持つことにつながっていきます。

もし、アレコレやってみても
思うようにいかず、
もうヘトヘトに疲れたら
カウンセラーを利用して
みられるといいと思います。
出口は近いです。

心から応援させていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございます。

無料オンライン講座

【無料オンライン講座】
メールアドレスを登録して、
『人の顔色を伺ったり、
相手にどう思われるのか気になる
本当の理由と、
数ある心理療法の中で
このお悩みに向いている心理療法が
どれかを知れる』
15分の無料動画を受け取る⇓

購読後、メルマガ解除を希望される場合は
メール末尾のURLから簡単にできます。
フォームにご入力いただいた個人情報は、
暗号化通信されますのでご安心ください。

関連記事

  1. 夫・彼氏の言動にショックを受けて、別れを選ぶのは悲劇のヒロインに…
  2. 夫の浮気を知って…結婚してるけど自分にも好きな人ができた時に振り…
  3. 夫に虐げられていて辛い。性格の不一致ではない3つの理由
  4. 将来への漠然とした不安。お金は絶対的な安心をくれる?
  5. 誰かの影に隠れて相手に合わせるほうが楽だけど生きづらい
  6. 夫婦・親子の喧嘩と家族の甘え どうしたら喧嘩がなくなるのか
  7. 上司や友達に正しく評価されなくて、疎外感を感じて寂しい。
  8. 結婚したいのに、いつも同じ恋愛パターンでうまくいかない。その深層…

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP