生きづらさ

困難なプロセスを動かしてくれるシンクロニシティの本当の意味

こんにちは、心理カウンセラー諏訪田(すわだ)佳代です。

引き寄せが起きたり
嬉しいことが同時で起きたりすると
よく「シンクロだね 」 と
言われますが、

シンクロニシティは
ユングが提唱した概念で
日本語では共時性と言い、
ユング心理学で
意味するところの共時性と
普段よく耳にするシンクロの意味は
まま異なります。

ユング心理学の共時論は
行き詰ったプロセスや
因果論(原因と結果から考える)で
捉える様々な方法を試してみたけど、

生きづらさが消えなかったり、
一時的に表面は元気になるけど
深いところでは
生きづらさが変わらないという
困難なプロセスの助けとなって
くれる概念です。

それは、理屈ではなく
共時性を体験すると、
深いところから妙に納得する
自分の人生のパタンが分かる
腑に落ちる体験だからです。

この記事では、
共時性とはどんなものか
具定例を用いながら見ていき、
それがいかに
困難なプロセスの助けとなるかを
見ていきましょう。

ユングの言う共時性(シンクロニシティ)とは

共時性の考え方は、
ユング心理学の核となるものです。

共時性は、個人の内的プロセスと
外的現象の
奇妙な、不可思議な意味ある
偶然の一致を指します。

具体例をユングの本から引用し
見てみましょう。

ある若い婦人は、
黄金の神聖なコガネムシを
与えられる夢をみた。
彼女が私(ユング)にこの夢を
話している間、私は閉じた窓に
背を向けて座っていた。

突然、私の後ろで、やさしく
トントンとたたく音が聞こえた。
振り返ると、飛んでいる一匹の虫が
外から窓ガラスを
ノックしているのである。

私は窓を開けて、
その虫が入ってくるのを
宙でつかまえた。
それは私達の緯度帯で
見つかるもののうちで
神聖なコガネムシに
最も相似している虫で、
通常の習性とは打って変わって、
暗い部屋に入りたがっていたのである。

これに似たことは、
それ以前にも以後にも
起こったことは一度もない。

自然現象と心の構造 非因果的関連の原理 著ユング、パウリ

これはユングと婦人の
実際の体験で
この体験の後、この婦人が
長く苦しんだ頑なさが和らぎ
本質的変容に
つながっていきました。

このように、体験する本人にとって
あまりに意味深く結び着いているために、
それが「偶然」一緒に起こったとは
とても信じられないような
偶然の一致のことを
共時性と言います。

こんなことが起きるなんて
信じれないというほどの
偶然な意味ある出来事を
体験すると、

自我(普段の意識)より
深いところにある無意識から
腑に落ちるため
深いところに響く体験となります。

時を操作しようとせず手放す

共時性は時に関わる視座です。

何か思い通りに
いかないことがあると、
時/タイミングを尊重せず、
タイミングをコントロール
しようとしたくなるのは、
私たちの「自我」ですが、

困難な悩みにおいて
自我がそれをコントロール
することを諦めた時に、
時が熟し(内面が整い)
諦めていたそのことが、
外的に起きたりします。

これは、自我の成熟なしには
起きないことです。
それはこんな感じです。

自分は「時」の外にいて
それを操作できるという
錯覚を手放し、
自分も「時」の一部であり
時の内側におり、
自分よりも偉大な「時」に
謙虚になることです。

その体験は、自我からすると
がっかりで
季節でいうと秋のような体験
かもしれませんが、
それは悪いこではなく、
時が熟すのに必要なプロセスです。

心理療法の世界には、
自我で時をコントロール
することや、
元気になることだけを
もしくは、
表面の自信をつけることを
応援するものがありますが、

それが良い時もありますが、
難しい困難なプロセスの時には
それは、クライアントの方のために
ならないことも多いです。

内面が整うと、外面が動き出す

時が熟すと、外的に変化が起きる
のがよく分かるのに
雨降らし男の物語があります。
それはこんな物語です。

ある町では、雨が全く降らず
日照りで苦しんでいたため、
お祈りなど思いつくあらゆることを
試しても、雨が降らないため
遠くの国に住んでいる
雨降らし男に来てもらいました。

雨降らし男は、その町に来てから、
町の人に、小屋を用意するように
言いました。

男は小屋の中に3日籠ると、
なんということか、
4日目には、
大雪が降り始めたのです。

町人たちは、男に
小屋の中で一体3日間
何をしたのか。と尋ねました。

老人(男)は、応えます。
「わしには、雨や雪を
降らせることはできないよ。
この国は天(タオ)の道から外れていた
そのため、この国に来た時
わしも病気になった。
もう一度タオに戻るために
健康を取り戻すために
3日間籠って待つ必要があった。
すると自ずと雪が降ってきたのだ。」

この物語は、
時をコントロールしようとせず
小屋の中で時が熟すのを待ち、
内面と外面が呼応するかのように
生じるという意味で
共時的です。

深層心理学は、
このように、内面と
外面とつなぐ心理学です。

共時的な出来事が起きるのに必要なコンテイナー

共時性の理解を深めるために、
2つの事例をご紹介しましたが、
共時的な出来事が起きるのに
欠かせないものがあります。

それがコンテイナーです。

雨降らし男は、まず小屋を
用意するように言いましたが、
小屋がコンテイナーです。

コンテイナーは、
プロセスを受け止める
枠組みでもあり、
外と内を分け、
一緒くたになっている問題を
切断する機能もあります。

深層心理学は、
内面と外面をつなぐものと
書きましたが、

雨降らし男が最初小屋を
用意したように、
問題が固まって動かない時、
先ずは、問題を
内と外に切断することが
必要となります。

そして、その後に、
中と外が繋がるのが
共時的な出来事です。

コガネムシの事例では
どうでしょうか。

コガネムシの事例では
面接室(カウンセリング部屋)が
コンテイナーでもありますし、

ユングと婦人との
やりとりという、
二者間の関係のやりとり
コンテイナーになっています。

それはつまり、
婦人を深層に誘うことなしに、
ユングが共時性という視座で
婦人のプロセスを
深みで受け止めることが
心的コンテイナーとなります。

こうした深みのあるプロセス、
人が本質的に変容する
プロセスには、
コンテイナーという枠組みが
欠かせません。

共時性を体験して…

ユング心理学で意味するところの
共時性についてお伝えしました。

共時性は、体験すると
その恐ろしいほどに強烈な
偶然の一致さに、

深層ではどんな星の元に
自分は生きているのか、
どうして、こうした生きづらさが
あるのか(あったのか)
深く腑に落ちる体験で
それは理屈を超えているため
そこから広がる・展開される
心の変容や外的な変化が
あるのだと思います。

この記事では、ユング心理学の
シンクロニシティ・共時性の意味を
具体例を用いながらご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

無料オンライン講座

【無料オンライン講座】
メールアドレスを登録して、
『人の顔色を伺ったり、
相手にどう思われるのか気になる
本当の理由と、
数ある心理療法の中で
このお悩みに向いている心理療法が
どれかを知れる』
15分の無料動画を受け取る⇓

購読後、メルマガ解除を希望される場合は
メール末尾のURLから簡単にできます。
フォームにご入力いただいた個人情報は、
暗号化通信されますのでご安心ください。

関連記事

  1. HSPの誤解。安定した愛着を幼少期にもらえないと起きる生きづらさ…
  2. 他人にどう思われているか人目が気になり自信がない
  3. 周りの目が気になり、どう思われてるのか不安な気持ちが落ち着くカウ…
  4. 優しい長男の知られざる苦悩。いい子であることは一見よく見えますが…
  5. 誰かの影に隠れて相手に合わせるほうが楽だけど生きづらい
  6. 一夜限りの関係を持つことをやめたいのにやめれない背景にあるもの
  7. 輝く理想の自分になりたいのに無気力で動けないとこから抜け出す方法…
  8. 上司や友達に正しく評価されなくて、疎外感を感じて寂しい。

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP